シラバス4
TOP > プロフィール > 大学授業 > 授業カテゴリー1【シラバス4】
 
デザイン制作 l

【年次・開講期】3年次 前期 【単位】実技(90分)1単位(c1)【系列】教科専攻科目(S)

【授業概要】

1. 未来の先生の教養として「情報を読み解く力」を,新聞学習を通じて体得してもらう。
2. 学校教育の現場向けとして「新聞を(児童・生徒への)生きた教材として使う授業展開力」の育成をも兼ねる。

愛知教育大学では2005年度より,企業等との連携講座プロジェクトが組まれています。連携締結時は,教職に関する必修科目「総合演習」(3年次 後期)として2011年度まで展開していましたが,当科目の閉講に伴い,現在は授業担当者の富山の開く専攻科目「デザイン制作 l」(3年次 前期)として継承しています。
美術選修・専攻では,中日新聞社と恊働で,未来の先生向け「新聞活用学習を推進できる教員の養成カリキュラム」としての開講です。
2011年度から教科を超えて新聞活用学習が小学校教科書に新登場(2008年告知の学習指導要領に拠る)し,より学校教育の現場向けを意識した内容にしています。

隔週毎に課された新聞スクラップシート 発行されたグループ新聞
隔週毎に課された新聞スクラップシート 発行されたグループ新聞

〈中日新聞社とのコラボレーション授業(2014年度 実績)〉
[01]オリエンテーション「新聞学習の基礎知識(1)」(富山)
       ※ 課題(新聞スクラップ)の提示(次回以降,隔週提出)
[02]講義「新聞とは何か」(中日新聞社NIE事務局長:山田 伝夫)
[03]講義・実習「基本的な撮影技術」(中日新聞社 写真部記者:太田朗子)
      ※ 課題(写真課題)の提示(5/20迄に提出)
[04]講義「取材と記事」(中日新聞社 NIE事務局:川本 公子)
[05]講義「見出し」(中日新聞社 NIE事務局:門脇 力)
[06]講評会(中日新聞社 写真部記者:太田朗子)
[07]講義「教育現場からの実践報告(1)」(愛知教育大学非常勤講師:市川 正孝)
[08]演習「グループ新聞(A3判)づくり」(中日新聞社NIE事務局)
       ※ 課題(グループ新聞)(7/14迄に初版を提出)
[09]講義「新聞学習の基礎知識(2)」(富山)
[10][11]講義・実習「 パソコンを使った学校新聞づくり」(クレオ社)
[12]講義・実習「声によるコミュニケーション」(東海テレビ アナンス部長:庄野 俊哉)
[13]講義「教育現場からの実践報告(2)」(尾西第一中学校 教頭:伊藤 彰敏)
[14]中間講評「グループ新聞の中間講評」(中日新聞社 NIE事務局)
[15]最終講評会「グループ新聞の講評」(中日新聞社 NIE事務局)

詳細PDF 詳細PDF

  

【課題等】

1)授業の隔週時に,新聞スクラップを提出。
2)写真課題 ――(第3講時に出題 → 3週間後に提出 → 第6講時に講評)。
3)グループ新聞の発行 ――(第8講時に演習 → 1か月後に提出 → 1週間後に中間講評(ダメ出し) → 最終講時に講評会)。

【教科書】

『新聞で学力を伸ばす』(齋藤 孝,朝日新書,2010年)700円
『中日新聞』(毎授業時に当日分を受講生各人へ配布)

新聞を読む習慣のないまま教員になるケースも最近では多くなっているようです。 メディアリテラシー(情報を読み解く力)の基礎として,また教育活動の情報の宝庫として,新聞を読むことを日常習慣にして欲しいと切に願っています。

【評価方法】

提出物の水準を基準に,取り組み姿勢(出席等)を勘案して評定します。
出席しない限りは,評価に値する「新聞の編集・発行」はできないものと判断します。

【備 考】

この授業は中日新聞社と愛知教育大学との連係による授業です(「中日新聞社と国立大学法人愛知教育大学の授業連携に関する覚書」2006年4月締結)。
[ 2014.11更新 ]

このページのTOPへ
富山祥瑞Stationery Site
Copyright(c)Shouzui Tomiyama All rights reserved.