大学広報編
TOP > プロフィール > 作品 > 大学広報編

PL:プランナー AD:アートディレクター D:デザイナー PH:フォトグラファー
※記述がないものは富山の一人ぼっち制作

41:オープンキャンパス手提げ袋(イエロー=2014.06)(エメラルド=2016.06)

オープンキャンパス手提げ袋2016

※280 × 380 × 80mm,280 × 380 × 65mm
(2016ヴァージョンはマチが細)
このページのTOPへ

40:大学広報誌『Campus Now!』第17号(2012.10),第18号(2013.04)

『Campus Now!』第17号(2012.10),第18号(2013.04)

※A5判・24頁(第17号),A5判・28頁(第18号)
PL:伊藤純一・小林則子・肌附恵子・眞野遠慧(秘書広報課)・富山祥瑞 D:プリ・テック
このページのTOPへ

39:オープンキャンパス手提げ袋(2012.06)

オープンキャンパス手提げ袋(2012.06)

※280 × 380 × 80mm
2年ごとに更新。青(No.23),ピンク(No.29)に続くシリーズ3作目。
このページのTOPへ

38:GUIDE BOOK 2013(大学案内)』(2012.06)

ポスター「オープンキャンパス」(2012.06)

*A4判・84頁
PL:伊藤純一・小林則子・肌附恵子(秘書広報課)・富山祥瑞 D:アド近鉄
このページのTOPへ

37:ポスター「オープンキャンパス」(2012.06)

ポスター「オープンキャンパス」(2012.06)

D:富山祥瑞 PH:アド近鉄
ポピュラーな角型2号封筒に2折で入る,折り目で写真は切れない,タテ長なので
高校での掲示スペースを取らない,設計。
このページのTOPへ

36:大学広報誌『Campus Now!』第16号(2012.04)

大学広報誌『Campus Now!』第16号(2012.04)

※A5判・32頁
PL:伊藤純一・小林則子・肌附恵子(秘書広報課)・富山祥瑞 D:プリ・テック

このページのTOPへ

35:大学広報誌『Campus Now!』第15号(2011.10)

大学広報誌『Campus Now!』第15号(2011.10)

※A5判・28頁
PL:伊藤純一・小林則子・肌附恵子(秘書広報課)・富山祥瑞 D:プリ・テック

このページのTOPへ

34:大学案内ツール類(2011.06)

大学案内ツール類(2011.06)

左上:オープンキャンパス ポスター,左下:新聞広告,中央:イメージ ポスター,右:大学案内2012
PL:神谷和征・小林則子(法人運営課)・富山祥瑞 D:アド近鉄・富山祥瑞

このページのTOPへ

33:大学・建物内サインシステム(2011.03)

大学・建物内サインシステム

基本提案(2006)から5年後に具現化した。

詳細pdf
このページのTOPへ

32:リーフレット「7附属学校園セブンプロジェクト」(2011.03)

GUIDE BOOK 2011(大学案内)

愛知教育大学7つの附属学校での教育研究を紹介するツール

*A4判 ジャバラ8頁
PL:宮川秀俊(附属学校部長,愛教大 技術教育).附属名古屋小/水野洋子.附属岡崎小/稲留雄一.
     附属名古屋中/石原進司.附属岡崎中/深津伸夫.附属高校/細山光也,渡邊幹男(愛教大 理科教育).
附属特別支援学校/船尾日出志(校長,愛教大 社会科教育),伊藤孝明 (教頭),真島聖子(愛教大 社会科教育).
附属幼稚園/山中哲夫(園長,愛教大 外国語教育),吉澤恭子(愛教大 音楽教育)
AD:富山祥瑞 D:プリ・テック
このページのTOPへ

31:大学広報誌『Campus Now!』第13号(2010.10),第14号(2011.04)

『Campus Now!』第13号(2010.10),第14号(2011.04)

※A5判・28頁(第13号),A5判・32頁(第14号)
PL:神谷和征・小林則子(法人運営課)・富山祥瑞 D:プリ・テック
このページのTOPへ

30:GUIDE BOOK 2011(大学案内)』(2010.06)

GUIDE BOOK 2011(大学案内)

*A4判・84頁
PL:中原道文・神谷和征(法人運営企画課)・富山祥瑞 D:アド近鉄
このページのTOPへ

29:手提げ袋(2010.03)

手提げ袋

※280 × 380 × 80mm
オープンキャンパス用で,前回(No.23)の色違い。カキツバタの線画は,よりシンプルになっている
このページのTOPへ

28:『Campus Now!』第11号(2009.10),第12号(2010.04)

Campus Now 11、12号

※A5判・28頁(第11号),A5判・32頁(第10号)
PL:中原道文・神谷和征(法人運営課)・富山祥瑞 D:プリ・テック
このページのTOPへ

27:びじゅつ科シンボルマーク(2009〜)

バッヂ
クリアファイル
上:ピンバッチ(2010.04),下:フォルダー(2009.07)
PL:愛知教育大学 美術選修・専攻教員 I:石川奈津紀 D:富山祥瑞

詳細
このページのTOPへ

26:ジャケット群デザイン『大学概要』(2007〜2010)

大学概要

*A4判 ・表1 + 表4
カキツバタの精緻化と制定書体のシグネチュア(組合せシステム)が完備されていった(左は2010年版で完成形)
このページのTOPへ

25:『GUIDE BOOK 2010(大学案内)』(2009.06)

GUIDE BOOK 2010(大学案内)

*A4判・80頁
PL:中原道文・神谷和征(法人運営企画課)・富山祥瑞 D:DNP東海
このページのTOPへ

24:『Campus Now!』第9号(2008.10),第10号(2009.04)

『Campus Now!』第10号

※A5判・28頁(第9号),A5判・32頁(第10号)
PL:伊藤秀夫(情報図書課)・神谷和征(法人運営企画課)・富山祥瑞 D:プリ・テック
このページのTOPへ

23:手提げ袋(2008.07)

手提げ袋(2008.06)

※280 × 380 × 80mm
袋といえどもUniversity Identificationを醸成する重要なツール,そのため他の印刷物と同一イメージを図った。
このページのTOPへ

22:『GUIDE BOOK 2009(大学案内)』(2008.06)

『GUIDE BOOK 2009(大学案内)』(2008.06)

*A4判・80頁
PL:伊藤 秀夫(総務課)・神谷 和征(法人運営企画課)・富山祥瑞 D:DNP東海
このページのTOPへ

21:ポスター「大学見学説明会」(2008.06)

ポスター「大学見学説明会」(2008.06)

※210 × 594mm(長A3判)
D:富山祥瑞 Ph:松原 誠
このページのTOPへ

20:『Campus Now!』第7号(2007.10),第8号(2008.04)

『Campus Now!』第7号(2007.10),第8号(2008.04)

※A5判・28頁(第7号),A5判・32頁(第8号)
PL:稲吉 正(総務課)・神谷和征(法人運営企画課)・富山祥瑞  D:プリ・テック
この第7号から印刷会社にデザイン版下作成を依頼できる体制がようやく整った。
このページのTOPへ

19:『GUIDE BOOK 2008(大学案内)』(2007.07)

『GUIDE BOOK 2008(大学案内)』

*A4判・80頁
PL:稲吉 正(総務課)・神谷 和征(法人運営課)・富山祥瑞 D:DNP東海
今年度から要望が叶い,編集業務が臨時体制ながらも3名となり,チームとしての発刊。
このページのTOPへ

18:ポスター「大学見学説明会」(2007.06)

ポスター『大学説明会

*210 × 594mm
オープンキャンパスでの長A3判シリーズ3作目,今回は撮影にもチャレンジした(実際は予算上の制約から)。
このページのTOPへ

17:『大学案内2007』(2006.08)

大学案内2007
*A4判・80頁 PL : 富山祥瑞 D : DNP東海
表紙加工は,今年度から「地球にやさしい光沢加工(プレスコート)」とした。
このページのTOPへ

16:ポスター「大学見学説明会」(2006.06)

ポスター「大学見学説明会」
*210 × 594mm
D:富山祥瑞 PH:松原 誠(大日本印刷 依頼)
各掲示先のスペースを考慮し,横幅をA4サイズ短辺とした長A3サイズ。
このページのTOPへ

15:『Campus Now! 第4号』(2006.04)

Campus Now! 第4号
*A5判・28頁
入学式での配布に間に合わせるべく突貫工事を行ったが,結果的に4月中旬の配布になってしまった。
編集デザインのスタッフがいたらな〜!!  

このページのTOPへ

14:大学アイデンティティ醸成ツールの提案(2006.03)

大学アイデンティティ醸成ツールの提案
*名刺
アイデンティティ醸成ツールの一部として,教職員の統一名刺のデザイン(写真)と
室名サインを提案したが,受け入れ土壌はなかった。
折角なので名刺に関しては周りの方々用に個人で印刷し贈っている。
室名サインは所属する組織分を自分で作成した。

このページのTOPへ

13:ポスター「Campus Now!」(2005.11)

ポスター「Campus Now!」
*A3判
創刊から約半年,学内での知名度アップのためにポスターを制作,コピーは「こんなの あったんだ」。   

このページのTOPへ ライン

12:『Campus Now! 第3号』(2005.10)


Campus Now! 第3号
*A5判・32頁
創刊3号では,グラフィックとしてのアイデンティティも保てるようになってきた。

このページのTOPへ ライン

11:ジャケットデザイン『大学概要』(2004.08〜2006.10)

ジャケットデザイン『大学概要』
*A4判 ・表1 + 表4
大学の教育組織や教員組織,施設案内をしているのが「大学概要」,このジャケットでは,毎年,カラー展開だけで冊子としてのアイデンティティが保持できるように設計した。

このページのTOPへ ライン

10:『大学案内2006』(2005.08)

大学案内2006
*A4判・76頁 PL : 富山祥瑞 D : DNP東海
法人化2年目の「大学案内」,前年度版で悔いが残った部位の洗練を図った。
4月に個人情報保護法が施行され,その対応にも苦慮した。

このページのTOPへ ライン

09:ポスター「大学見学説明会」(2005.06)

大学見学説明会
*210 × 594mm
D:富山祥瑞 PH:松原 誠(大日本印刷 依頼)
各掲示先のスペースを考慮し,横幅をA4サイズ短辺とした長A3サイズ。

このページのTOPへ ライン

08:『Campus Now! 第2号』(2005.03)

Campus Now! 第2号
*A5判・24頁
年度内2冊発行ということで,創刊の1月に続き3月に発行された。
そのことで,隔月発行と思われたが,実は学期毎(年2回)の発行。
このページのTOPへ ライン

07:『Campus Now! 創刊号』(2005.01)

Campus Now! 創刊号
*A5判・24頁
大学法人化に伴って,お役所風の『学園だより』(A4判)を一新させたPR誌。
判型もA5判と小振りにし,内容もレポーターに学生も起用した。
創刊号では割付システムの整備も図った。

このページのTOPへ ライン

06:大学フォルダー&レターヘッド(2004.10)

大学フォルダー&レターヘッド
*レターヘッド
大学主催の研究会等で用いる公式のフォルダーとレターヘッド。
この時,学章(竹原 裕氏が1985年にデザイン)のシグネチチュアシステム(マーク・所在地・部署などの組合せ様式や書体等の表示体系)を整備した。 このシステムは以降の印刷物に適用。

このページのTOPへ ライン

05:ジャケットデザイン『シラバス(授業計画)』(2004.04〜2006.04)

ジャケットデザイン『シラバス(授業計画)』
新1年生の授業内容が収録されている『シラバス』のジャケットは,毎年,同一図版でのカラー展開を前提に設計した。

このページのTOPへ ライン

04:『大学案内2006』(2004.08)

大学案内2006
*A4判・76頁 PL : 富山祥瑞 D : DNP東海
国立大学が法人化になって初めての受験生向けの「大学案内」。
6月に着手,8月に納品という驚異的スケジュールで,突貫工事の末に奇跡的に完成をみた。


このページのTOPへ ライン

03:ポスター「大学見学説明会」(2004.06)

大学見学説明会
*A3判
高校生向けのオープンキャンパスの媒体。各高校への郵送配布を前提に,2折でも画面が切れないようになっている。

このページのTOPへ ライン

02:エディトリアルデザイン『愛知教育大学 憲章制定の歩み』(2004.02)

エディトリアルデザイン『愛知教育大学 憲章制定の歩み』
*A4判・66頁
視覚的にも,お役所風の報告書からの脱皮を図ってみた。
しかし,凝れば凝るほど編集が重荷となってしまったという思い出の冊子。

このページのTOPへ ライン

01:リーフレット「愛知教育大学憲章」(2003.05)

愛知教育大学憲章
*A4判 2折
大学に着任して最初のデザイン依頼が当リーフレット。
これ以降,ず〜っと学内印刷物の設計を受け続けることになろうとは…。

このページのTOPへ

富山祥瑞Stationery Site
Copyright(c)Shouzui Tomiyama All rights reserved.